So-net無料ブログ作成
検索選択
セイコーマート ブログトップ

セイコーマート!!北海道の店舗数を暴露!! [セイコーマート]

セイコーマートの北海道の店舗数気になりますよね!

news20140808_1.jpg
http://kawaii.hokkaido.jp/news/news20140808/より引用

セイコーマートは北海道を地盤とするコンビニエンスストア(以下「コンビニ」)・チェーンです。

セイコーマートの店舗数は1,162店(北海道1,062店 、関東100店[茨城85店、埼玉15店])のです。 ※2014年1月末現在

スポンサーリンク


以前のセイコーマートは滋賀県、京都府、兵庫県、鳥取県にも店舗があったが撤退し、そちらは現在ファミリーマートとなっています。

なんと!?地味に日本のコンビニチェーンとしては最古参(セブン-イレブンの日本1号店出店は1974年、セイコーマート1号店開店は1971年)です。

「コンビニエンスストア」という、現在常用される業態名を用いたのがセブン-イレブンのため、日本初の

コンビニ≒セブン-イレブンと勘違いされているフシがあります。

このあたりをもうちょっと誇りに持って欲しいし、道民はもっと誇っていいかなと思いますよね。

セイコーマートは酒販組合をベースにしたコンビニチェーンであるため、それまで酒販店であった店が転業したケースが多く、

北海道において店舗数が最も多く、店名に以前は酒屋であったことを偲ばせる店舗も多いようです。

2014年12月現在、北海道179市町村のうち、セイコーマート(あるいは傘下のスパー)が存在しない自治体はわずか4町村という網羅っぷりです。

スポンサーリンク


ちなみに残りは幌加内町、浦臼町、月形町、神恵内村。(wikipediaより)。

2013年8月の会見で、将来的に179市町村全てへの出店を計画している事を明らかにしています。

このような事業展開を取っているため、北海道を代表する企業として挙げられることが多いですね。

おまけ:

基本24時間営業でないのは仕様(札幌市街の店舗ですら、終夜営業ではない店が多々ある)のようです。

個人経営の酒販店から鞍替えした店舗が多いこと、過疎地域にも積極出店していること、同じく同様地域では深夜に働く従業員の確保が

難しいこと、などの理由を挙げています。

そのため本部も24時間営業を強制していないそうです。

札幌市の繁華街「すすきの」のド真ん中にある「たかせ店」の営業時間は、午前11時から朝3時半という驚愕の営業時間であり、

夜間にすすきので働く人をターゲットにしているようです。

スポンサーリンク

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

セイコーマート!!関東の店舗数を暴露!! [セイコーマート]

セイコーマートの関東の店舗数気になりますよね!

73e7f83a62233ec20a0cc3a63c2c2590.jpg
http://lightrend.com/light/post-3145/より引用

セイコーマートは北海道を地盤とするコンビニエンスストア(以下「コンビニ」)・チェーン。

セイコーマートの店舗数は1,162店(北海道1,062店、関東100店[茨城85店、埼玉15店])のようです。※2014年1月末現在

スポンサーリンク


以前は滋賀県、京都府、兵庫県、鳥取県にも店舗があったが撤退し、そちらは現在ファミリーマートとなっています。

驚くことに、地味に日本のコンビニチェーンとしては最古参(セブン-イレブンの日本1号店出店は1974年、セイコーマート1号店開店は1971年)です。

「コンビニエンスストア」という、現在常用される業態名を用いたのがセブン-イレブンのため、日本初の

コンビニ≒セブン-イレブンと勘違いされているフシがあります。

このあたりをもうちょっと誇りに持って欲しいし、道民はもっと誇っていいかなと思いますよね。

スポンサーリンク


セイコーマートは酒販組合をベースにしたコンビニチェーンであるため、それまで酒販店であった店が転業したケースが多く、

北海道において店舗数が最も多く、店名に以前は酒屋であったことを偲ばせる店舗も多いようです。

また、2000年代まで全国で見られたSPAR(スパー/ホットスパー)を傘下にしています(セイコーマート子会社の北海道スパーがある)。

ちなみにスーパーのかなりの商品、あるいはサービスがセイコーマートと同一でもあるようです(クラブカードも使える)。

2014年12月現在、北海道179市町村のうち、セイコーマート(あるいは傘下のスパー)が存在しない自治体はわずか4町村という網羅っぷりです。

ちなみに残りは幌加内町、浦臼町、月形町、神恵内村。(wikipediaより)。

2013年8月の会見で、将来的に179市町村全てへの出店を計画している事を明らかにしています。

このような事業展開を取っているため、北海道を代表する企業として挙げられることが多いですね。

スポンサーリンク

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
セイコーマート ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。